FAGAとは?薄毛は自宅で治療する時代 費用副作用も

女性版AGAのFAGA (FPHL)。主に40~50代の更年期に発症することが多い脱毛症ですが、最近では20代で発症する人もいます。今回はそんなFAGAをわかりやすく解説していきます

目次

FAGA (FPHL)とは?

FAGAは女性におけるAGA(男性型脱毛症)のことを指し、FはFemaleを表します。以前はAGAと同じものだと考えられていましたが、研究が進むにつれAGAとは別物であることが判明したため、最近ではFemale Pattern Hair Lossの頭文字を取って、FPHLとも呼ばれます。

FPHLは「女性における脱毛症全般」を指し、FAGAより広義となっています

FAGAやFPHLの特徴として、髪が細くなり頭全体(特に頭頂部)が薄くなっていきます。40代〜50代の壮年期から発症することが多いと言われていますが、20代から発症することもあります。症状も個人差があり、他の脱毛症と自分で見分けるのも難しいので、まずは医師に相談してみましょう。

AGAとの違い

AGAとFAGAは根本的に違います。AGAは局所(頭頂部や生え際)が薄くなり、治療をしないと髪の毛が完全に無くなる場合があります。一方FAGAは、全体的に髪が薄くなりますが、完全に髪が無くなることはありません

FAGA (FPHL)の原因

原因

FAGAの原因ははっきりとは分かっていませんが、以下の原因が考えられます、

エストロゲンの減少 

FAGAは女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって起こるというものです。FAGAはエストロゲンの分泌が減る更年期に現れることが多いため、この様に考えられています。

エストロゲンは髪の毛の成長やコシに影響すると言われているので、加齢によってエストロゲンが減ると、FAGAの症状が起こるというわけです。

遺伝

FAGAは、遺伝的な要素も含まれると言われています。両親が脱毛症を持っていると、FAGAになりやすいというデータもあります。まだはっきりと解明されたわけではありませんが、FAGAは遺伝的要素もありうるので、医師には両親の状態も述べるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスがなどで自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れ、FAGAにつながるというものです。睡眠やバランス取れた食事、そして運動などをすることで、自律神経を正常に保つことが大切です

FAGA (FPHL)の治療内容

医者

FAGA治療は投薬治療が主流です。外用薬に加え、服用薬とを毎日飲むだけで簡単ですが、実際どんな物を飲むのかを解説していきます

ミノキシジル(服用・外用薬)

ミノキシジルはAGA治療でも使われる発毛薬で、ヘアサイクルを正常に戻すだけでなく、血管や毛包を活性化することで発毛を促します。服用薬と外用薬があり、両方使うことでより効果が得られます。ミノキシジルでも男性用と女性用があるので注意が必要です。

スピロノラクトン(服用)

スピロノラクトンは、髪の増毛を促進し、ホルモンバランスを整える効果があります。スピロノラクトンを半年間使うことで、FAGAの進行を90%抑え、髪の密度を30%向上させるという報告もあります。

ビタミン剤

髪の毛を増やすには、適切な栄養素が必要です。効果をより高めたい場合は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを含んだビタミン剤を処方してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

HARG療法|メソセラピー|植毛

投薬でも効果がないという方は、メソセラピー、HARG療法、植毛という選択肢もあります。これらはFAGA以外にも効果がありますが、費用が高くなりがちです。まず投薬療法を試し、医師と相談しながら選択していくのが賢明でしょう。

生活習慣も見直そう

薬を飲んでいるから大丈夫というわけではなく、しっかりとした生活習慣も心がけるようにしましょう。

フィナステリドはダメ?

フィナステリドは男性用の薬なので、服用しないようにしましょう。製薬メーカーもフィナステリドは女性に適していないと言っているほどなので、間違っても飲まないようにしてください。

FAGA (FPHL)の治療の副作用

副作用

FAGA治療の副作用の発生確率は非常に低いので過剰に敏感になる必要はありませんが、副作用のリスクを知っておくことは大事です。

お金

費用はクリニックによって様々です。ただミノキシジル+スピロノラクトン+ビタミン剤という効果が期待できるセットだと月々2万円くらいは見積もっておきたいところです。

ミノキシジル単体であれば1万円以下で続けることもできます。

ミノキシジル単体でも効果は実感できると思います。

これより安い場合は個人輸入となりますが、個人輸入はあまりお勧めできません。

効果が実際どのようなものかはからず、成分も有効か確定できないからです。

また飲んではいけない体質もあるので必ずクリニックにいくことをおすすめします。

FAGA (FPHL)治療の注意点

基礎疾患や婦人科病歴

FAGA治療には、基礎疾患や婦人科病歴の確認が必要です

基礎疾患には、栄養不足、鉄欠乏、甲状腺機能障害、感染症が含まれます。

婦人科病歴には、初潮年齢、月経周期の詳細、閉経の有無とその年齢、ホルモン避妊の使用、不妊の懸念、過去の婦人科手術の有無などのチェックが必要です、

このようなことから自己診断で薬を個人輸入をするのは危険です。医師に判断してもらうことが必要です。

遺伝的要素・家族歴

家族が脱毛症かどうかもFAGAかどうかを判断する指標になりうるのでチェックが必要です。

FAGA (FPHL)以外の女性の薄毛・脱毛症状

病院

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、断続的に頭皮にストレスをかけることが原因の脱毛症です。髪型がいつも同じだったり、頭皮が引っ張られるような髪型を続けていると起こりやすくなります。定期的に髪や頭皮を休ませることが大事です。

円形脱毛症

円形脱毛症は頭のある部分が円形に急に脱毛する症状で、年齢問わず誰でも発症する可能性があります。ストレスによって免疫機能が弱まることで発症しますが、放置しておくと自然治癒することもあります。ただ再発する場合や、広がリ続けた場合は医師に相談しましょう。

産後脱毛(分娩後脱毛症)

出産後はホルモンバランスが変化し、ヘアサイクルの休止期にはいるため抜け毛が多くなります。これは一時的な症状のため、長くても1年程で改善する場合が多いです。高齢出産をはじめとする、リスクの高い出産の場合は回復にも時間がかかることがあります。産後は授乳もありますので飲めないお薬もあります。

外用薬やビタミン系のお薬を使うことが多くなります。

頭皮トラブル

頭皮トラブルも様々なものがありますが、これも抜け毛の原因になります。皮脂やフケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こす脂漏性脱毛症はその代表例です。

FAGA(FPHL)治療はオンライン診療で

オンライン診療の強みは自宅からプライベートに続けることができることだと思います。特にミノキシジルなどは血流増加効果は高く、早めに治療すればかなり効果は実感できると思います。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ネットショップ構築方法や集客の方法を発信します▶ワードプレスを使ったネットショップ制作や集客導線について解説するブログ▶店舗ビジネスを手がけるオーナー様を応援し、コロナ時代を乗り切るデジタルスキルを発信します❢

コメント

コメントする

目次
閉じる