11258円 Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 光補足 調光可能 3000K 5000K IR 超薄 花・ガーデン・DIY その他 Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W 超歓迎された Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 5000K 調光可能 超薄 IR 3000K 光補足 植物育成ライト,Aokyoung,SMD,IR,3000K,超薄,光補足,フルスペクトル,worker-ant0818.work,Osram,調光可能,/cubica43841.html,LED光合成ライト,11258円,ライトチップ,1000W,花・ガーデン・DIY , その他,5000K,2835 植物育成ライト,Aokyoung,SMD,IR,3000K,超薄,光補足,フルスペクトル,worker-ant0818.work,Osram,調光可能,/cubica43841.html,LED光合成ライト,11258円,ライトチップ,1000W,花・ガーデン・DIY , その他,5000K,2835 Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W 超歓迎された Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 5000K 調光可能 超薄 IR 3000K 光補足 11258円 Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 光補足 調光可能 3000K 5000K IR 超薄 花・ガーデン・DIY その他

Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W 超歓迎された Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 5000K 調光可能 超薄 上品 IR 3000K 光補足

Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 光補足 調光可能 3000K 5000K IR 超薄

11258円

Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 光補足 調光可能 3000K 5000K IR 超薄








◆商品名:Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 光補足 調光可能 3000K 5000K IR 超薄型 観葉植物 室内栽培照明用 淡水水槽アクアリウムライト水草育成照明 温度湿度計 眼鏡付き(日本標準プラグ )

【太陽光模擬・フルスペクトル】380nm -760nm最適フルスペクトルのデザインを 。高品質 Osram LED(3000K、5000K、660nm、IR 760nm)植物の発芽、成長、開花、結果全ての階段に適合します。よりよい光透過率を作り出し、他の赤・青ランプよりも少ないエネルギーで50%の高い収量を得る。より高い生産量を得て、2.5g /W 以上に達します。
【高いエネルギー効率 ・省エネルギー】LED使用で電気代節約、経済的LEDなので、発熱量が少ないし、省エネルギ・低コストで植物を育てます。2.7 umol/Jの高いエネルギー効率は、100wしか消費していないが、生産量は同一出力の製品よりもっと大きいである。
【調光可能】0-10V調光器、回転で簡単に輝度調整できる。 異なる植物成長段階に適用することができて、成長と開花の必要性に従って。成長期栽培面積:90x90、開花期栽培面積:60x60
【IP65防水・高放熱・低騒音・安全安心】超薄型、0dB 騒音 - 放熱ファンなし、騒音なし。大面積高品質アルミ放熱シートを採用して、良い放熱性を持っています。ケーブル用の特殊保護カバー、防水LEDボード、高い安全性能ドライバー。植物の成長を効果的に保護して、ライトの寿命を延ばして、50000時間以上に達します。
【弊社は1年間の保証と30日間の返金保証を提供しています 】何の問題がございますなら、いつでもお気軽にお問い合わせください。弊社は24時以内に返事します。

Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1000W Osram 2835 SMD ライトチップ フルスペクトル 光補足 調光可能 3000K 5000K IR 超薄




8/1 15:45更新
先程、Ver4.18をWebにUPしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後も、改造を継続中です。

1つ目は、写真に鉱物の位置表示している際に、その位置の色を抽出して表示(赤枠部)。



2つ目は、CTLSHIFT+写真の左クリックで、選択している鉱物名で「写真の色検索」を自動実行する機能。(SHIFT+写真の左クリックには別機能が・・・)
アダム石での結果は、下記の様になります。
これを見ると、アダム石では紫色等もあり、色の範囲が通常より大きいことが判ります。



3つ目は、右上の鉱物情報で右クリックすると、左に延伸する機能の改善。
産地、光沢、劈開、空間群、蛍光、断口の表示を拡大した地道な改善。



後は、ミニバグ多数修正と、ジルコンの結晶データ追加です。
Verは、4.18の予定。



 2021_07_28


7/9 7:30 少し追記しました
7/8 18:00 Ver4.16を公開しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後、色付けの調整と起動時間の短縮を行った。
(小バグ含めて色々対策したので、これで変更は収束すると思う)

また、タイトルに書くのを忘れたが、「特徴」データの追加を行った。
これまでは、「決め手」情報を右上の鉱物情報の「特徴」データとして使用していた。
実は本来の「特徴」データは15年前から有ったのだが、翻訳が難しい英語だったので
これまでは表示しなかった。

今回、Google翻訳したら、比較的まともな日本語に見えたので、
従来の「特徴」を「決め手」として、翻訳した日本語を「特徴」とした。
(下図の赤枠部分参照)

リビングテーブル 白 セラミック 幅120 モダン 黒 高さ32cm センターテーブル アイアン脚 石目調 ブラック ホワイト グレー おしゃれ 耐熱 耐摩擦 傷に強い 熱に強い リビングテーブル 白 セラミック 幅120 モダン 黒 高さ32cm センターテーブル アイアン脚 石目調 ブラック ホワイト グレー おしゃれ 耐熱 耐摩擦 傷に強い 熱に強い

似た様な情報としては、「晶相」もあるのだが、
「決め手」「特徴」「晶相」の各データは、その生まれが全く違うので、
簡単にマージできない。

開発者としては、これらの情報は、全ての鉱物を網羅していないので、
鉱物を検索する際の検索項目として見るのではなくて、
その検索して得た鉱物の参考情報として見て欲しい。


ところで、Google翻訳含めて、多くのWeb翻訳では大量の翻訳が出来ない
と思っていた。
Google翻訳には、以下の様なファイルで与える方法も有るのだけれど、
何度やってもエラーになった。



色々やっているうちに、操作を誤ってドラッグドロップする場所を間違えると、
以下のような感じになった。
普段は使っていないけど、ブラウザでもファイル内容が見えるんだ。




そして、ふと右上に現れた、日本語のボタンを押してみると、
ファイル内の全文が綺麗に翻訳されたのです。




ここに、15年という時代の流れを感じたのです。
データを捨てずに持っていて良かった!



 2021_07_08


7/4 15:00 Ver4.14を公開しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<7/3 21:00 内容を全面修正>
鉱物鑑定士絡みの改善が終わったので、色付け処理を色々と変更している。
(まだ、このVer4.14は未公開です)
変更量が大きかったのは、検索条件を指定したら、色を付ける処理の追加。
時々指定したのを忘れるのと、こうした方が検索してるっぽいよね・・・と思っている。

上記以外の主な修正点は以下の4点。
 ①従来の「黄色」が鮮やか過ぎたので、「薄黄色」にした。
 ②鉱物情報のBackColorを検索結果と合わせた。
 ③検索条件のタブに色を付けた。
 ④検索結果のヘッダーに色を付けた。











ほかにも色々と色を変更しているが、色の使い過ぎだろうか?
変更ネタが無くなってくると、いつもこうなるよなあ・・・

でも、ビジュアル系の変更は、再修正が多くバグも多くなるので、
修正の連鎖が終わらない。



 2021_07_03


引き続き、以下の鉱物鑑定士絡みの改善を実施中です。
 ①鉱物DBの再作成(和名に蛇紋石グループ、二酸化マンガン鉱グループ追加等)
 ②検索結果と鉱物情報に鉱物鑑定士8級~4級を追加
 ③評価値に、鉱物鑑定士8級~7級では+2、鉱物鑑定士6級~4級では+1を加算
その他、鉱物情報と検索結果の色付けを色々修正。
結果は、こんな感じです。(鑑定練習中なので、鉱物鑑定士情報が黄色になっています)






③の変更により、先頭に来る鉱物が紅柱石になりました。
今まで先頭だった緑閃石は、初心者向けじゃなかったと思うし、良きかな・・・




 2021_06_29


次のVerでは、鉱物鑑定士用のデータの不具合等を修正中です。
下図は、益富さんのHP情報をエクセルにしたものです。




これを見ると、化学分類というのは頭の中を整理してくれると確信します。
アタカマ鉱って、ハロゲンだったんだなあ・・・

あと、和名と言うのは難しいなとつくづく思う。
例えば、ジュルレ鉱、蛇紋石、二酸化マンガンという和名は、今の鉱物DBには入っていない。
鉱物DB用の元データは修正したけど、作成するのは大変なので何時になるやら・・・
ちなみに、鉱物鑑定士8~4級の検索は現在は和名でやっていますが、次Ver以降は英名でやります。
なので、和名は、「デュルレ鉱(ジュルレ鉱)」ってな感じで、どんどん修正します。


なお、表中の黄色はほぼ覚えている鉱物です。
少ないじゃないかと言われそうですが、データ化すると忘れる性格なので、この程度です(笑)
でも、塊り状のゴミみたいな石を見ても当てる自信は有ります。



 2021_06_23




アクセスカウンタ

プロフィール

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード




pagetop